良いたんぱく質源

飼い主さんはワンちゃんのためにいろいろドッグフードをチェックした結果、動物性タンパク質を多く書いてあるものを選択することが理想です。リストの先頭に何が記載されてあるかしっかりチェックしてみましょう。基本ドッグフードの成分は重量によってリストアップされています。

ただ動物性タンパク質源というのではなくて、鶏肉、牛肉、羊肉などその動物が何かということが表示されてある必要があります。もしも、そのドッグフードの表示が単に「肉」ということだけなら、「魚肉」という可能性もあります。それは低レベルのたんぱく質と考えていいです。新鮮な肉の証しとして鶏肉、鴨肉、ラムなどの記載があり、更に各種類の肉が何パーセント含まれているのか細かい表示があると尚更良いです。 特定の動物の肉である表示があれば、食事中の総動物性蛋白質を強化するかなりレベルの高いドッグフードだと考えることが出来ます。

新鮮な肉というのは、大量の水分(約65-75%)を含んでいるために、調理することで水分は蒸発してしまって、残るたんぱく質は約15~25%程度になってしまうのです。ですから成分表示のたんぱく質項目がパーセンテージの高いものを選ぶようにすると良いかもしれません。30パ%を超えるものなど、探してみると沢山ありますので大切なワンちゃんのために、じっくり探してみてくださいね。

参考|プレミアムドッグフード通販サイト【カナガン】
└高たんぱく質・低炭水化物のドックフード通販サイトです。

表示をチェックする

飼い主さんは愛するワンちゃんのために、最高のドッグフードとは何かということを検討・比較して欲しいのです。それについて考えると理想は、生、または調理された自家製などのバランスのとれた自然食ということになってしまうかもしれないですよね。

ただし現実は飼い主さんがいちいちそのようなものを用意することはほとんど不可能です。だから、ほとんどのみなさんは、ワンちゃんのために一番良いとされるドッグフードを求めているのです。でもドッグフードに注目をすれば、本当にいろいろな業者とともに種類があって何を選択していいか判らないで困っている人たちも多くいるでしょうね。

もちろんどのようなドッグフードをワンちゃんに与えていいか、選択の基準のポイントは、しっかり表示されている成分ラベルをチェックすることです。ドッグフードに使用されている全ての原材料(添加物を含む) の表示が義務化されているというのも飼い主さんがしっかりワンちゃんのために正しいドッグフードを選択するためにあります。そして業者が勝手なものを入れて、自由にドッグフードとして販売することが出来ないようにするためです。飼い主さんは表示をしっかりチェックしてどんな肉や脂肪が含まれているか、穀物の有無などを調査してください。

犬のためのドッグフード

飼い主さんは、一体ワンちゃんにどのようなドッグフードを与えればいいと考えているのでしょうか。それは、日常生活においてのことであり、累積して犬の健康に具体的影響を及ぼすものです。もっと飼い主さんは、ワンちゃんに愛情を注ぐためにもどのような食事を与えればいいかということを検討・比較する必要があります。

飼い主さんがワンちゃんに与えるものとして高たんぱく質のフードがいいと言われていますが、それは真実なのでしょうか。今、いろいろインターネットのブログなどでは、何がいいというものの明確な理由が説明されなかったりして、何が本当にいいか判らず混乱している人たちも多くいるのようです。

ワンちゃんって、本来肉食の動物ではありませんか。本来は、穀物や野菜は食べないものとされていたのです。でも、現在ワンちゃんは、いろいろな残飯を食べるから雑食動物と思っている人たちも多くいるのではないでしょうか……。更にただ飼い主さんは、ワンちゃんが何でも食べる食いしん坊な動物というイメージを持つだけなのかもしれません。

しかし、本来のワンちゃんのあり方を考えると、やっぱりワンちゃんは肉食の動物と捉えるべきでしょう。ワンちゃんは穀物・炭水化物のようなものは苦手としているはずです。ワンちゃんは、飼い主さんが与えたものを食べなければ死んでしまうから苦手としているトウモロコシや、小麦、お米と言ったものも頑張って食べていたのかもしれません。